サラリーマンの仕事は適当でいい?【辞める気持ちがあるなら手を抜こう】

当ページのリンクには広告が含まれています。
サラリーマンは手を抜いて働こう

サラリーマンだけど仕事は適当でいいかな?いつかは辞めるつもりだし。

どれだけ頑張っても報われないし、仕事なんて適当でいいんじゃない?と感じることないですか?

今回は、サラリーマンの仕事を適当に取り組んでいい理由から、デメリットまで紹介します。

仕事への姿勢は人それぞれですが、将来会社を辞めるつもりなら、もっと力を抜いていいかと。

逆に、1つの職場で定年まで働き続けるなら、出世に向けた努力は必要なのでスルーしてください。笑

会社との向き合い方で悩んでる、あなたのヒントになればうれしいです。

目次

サラリーマンの仕事は適当でいい理由3つ

ぼくが仕事を適当派に切り替えた理由が、下記3つ。

  1. 頑張っても給料は変わらない
  2. 心身ストレスを軽減できる
  3. 余計な仕事が増えない

①:頑張っても給料は変わらない

月給制のサラリーマンは、頑張っても給料は変わりません。

多くの仕事をこなしても、のんきに働いてる人と同じ金額と考えたら、やる気も失くしませんか?

昇進を目指すなら、周りからの評価を上げるため効果はありますが。

とはいえ、今後会社を辞めるつもりなら、与えられた仕事だけ淡々とこなすのがベストです。

収入を増やすため副業に興味ある方は、【スキルなしでも大丈夫!】パソコンでできるおすすめ副業3選もチェックしてみてください。

②:心身ストレスを軽減できる

仕事をマジメに頑張りすぎると、心身の不調を引き起こす可能性が高まります。

  • 完璧主義な人
  • 過度な労働
  • 周りに気を遣う

上記のような要因は、じぶん自身でも気付かないうちに、メンタルや健康に悪影響を与えています。

じんさん

病んでる先輩いませんか?

ぼくは苦手な先輩のパワハラや長時間の労働から、白斑という病気になりました…

生活のために働いてるのに、体調を崩したら意味ないですよね。

仕事より大事なのは、あなたの健康ですよ。

仕事終わりに息抜きもできない…と悩んでる方は、平日夜の楽しみがないサラリーマンへ!仕事終わりが充実する過ごし方5選もぜひ参考にしてください。

③:余計な仕事が増えない

周りに期待されると、余計な仕事も増えがち。

ぼくも入社当時はやる気満々だったので、誰よりも早く仕事を終わらせてました。

しかし、上司に「はい。次はコレ!」と、次から次へと新しい業務が追加されるだけ。

じんさん

頑張ってもじぶんが消耗するだけ…

たとえ効率的に仕事をこなしても、定時前に帰れないのがサラリーマン。

このようなムダな負担を避けるためにも、与えられた必要最低限の仕事だけこなしましょう。笑

サラリーマンの仕事を適当にするデメリット3つ

ぼくが仕事を適当に取り組んで感じたデメリットも、3つ紹介します。

  1. 仕事を楽しめない
  2. 陰口を言われる
  3. 自己成長しない

①:仕事を楽しめない

やりがいのない仕事は楽しめません。

ぼくは会社に対して昇進意欲なく、業務の充実感や達成感を全く得られませんでした。

毎日「早く仕事を辞めたい」「早く帰りたい」だけの感情でした。笑

じんさん

サラリーマンのままだと一生続く…

だからこそ、早めに転職や副業にチャレンジし、苦しい環境から抜け出す一歩を踏み出しましょう。

挑戦して失敗しても経験は残ります。行動にこそ価値がありますよ。

ブログに興味ある方は、ブログ初心者が月1万円を稼ぐロードマップ【ド素人から収益化を目指すあなたへ】を参考にしてください。

②:陰口を言われる

適当に仕事をすれば、周りから陰口を言われる可能性も。

  • 作業が遅い
  • ルール守らない
  • ミスを繰り返す

このような行動が、周囲の信頼を失い職場の人から嫌われるきっかけに。

あなたの職場でも、陰でコソコソ言われてる人いませんか?

じんさん

人間関係で居心地が悪くなる!

なので、他のメンバーに迷惑をかけず、じぶんの仕事はトラブルなくこなすのがベストかと。

③:自己成長しない

一生会社に務める気持ちがないので、資格取得や昇進する気力は冷めたまま。

ぼくも同じ作業の繰り返しで、自己成長する意欲もありませんでした。

じんさん

余計な仕事も増やしたくなかった。笑

とはいえ、何もスキルがない状態では、転職や個人で稼ぐ手段もむずかしいのが現実。

いつでも会社を辞めれる状態にするためにも、サラリーマンをやりながらスキルアップを目指す必要があります。

サラリーマンを辞めるつもりなら適当でいい

サラリーマンを辞める予定なら、手を抜きながら仕事するのがベスト。

しかし、いつでも会社を辞められる状態にするには、下記のような準備が必要です。

  • 個人で稼ぐスキルを手に入れる
  • 希望する転職先で必要な資格取得

仕事外の時間で、転職活動やスキルアップに向き合わないと、40代50代になっても絶望したまま。

ぼくもブログで生活費を稼ぎ、会社に頼らない暮らしを目標にしています。

給料に不満あるなら、月5万の副収入が入るだけで心に余裕を持てますよ。

今の人生を変えたい人は、サラリーマンを辞めたい!しんどい職場から脱出するためやるべきことも合わせて読んでみてください。

まとめ:見返りがある副業に力を入れよう!

今回は、サラリーマンの仕事を適当に取り組んでいい理由から、デメリットまで解説しました。

  • 仕事は適当で良い理由
  1. 頑張っても給料は変わらない
  2. 心身ストレスを軽減できる
  3. 余計な仕事が増えない

正直、イヤイヤ働いてる会社であれば、適当に力を抜きながらでオッケーです。

マジメに頑張っても、体力と精神が消耗するだけで見返りもありません。

それよりも、副業でスキルの取得など、じぶんの暮らしがラクになる方向に力を入れていきましょう。

コツコツ努力すれば、会社に頼らない暮らしも夢ではありません。

もしブログに興味ある方は、下記を参考にしてくださいね。

  • URLをコピーしました!
目次